Sublime Text 3 をインストールしたらまず最初にやること

Contents

1. Package Control のインストール
2. テーマの変更
3. Sublime Text の設定
4. パッケージのインストール
5. Sublime Text 3 の基本的な使い方

1. Package Control のインストール

Ctrl + ` で、コマンドラインを表示する。

以下の超長い一行をペースしてリターン

参考:Installation – Package Control

2. テーマの変更

テーマのインストール

  1. Cmd + Shift + p で Command Panel を開く
  2. Install Package を検索して選択
  3. spacegray を検索し選択(リターン)でインストール
  4. もう一度 Cmd + Shift + p で Command Panel を開く
  5. Preferences: Settings – User を検索して選択
  6. Settings – User が開いたら下記を追加する

  • 上記は私が使っているパッケージ
  • こちらのサイトでいろんなテーマ紹介してる(スクリーンショットあり)。

【保存版】2014年に見つけたイケてるSublimeTextテーマ29選+おまけ – bokuweb.me

3. Sublime Text の設定

  • 設定項目は Sublime Text > Preferences > Settings – Default に全て書かれている。
  • 設定を変更したい項目のみを Sublime Text > Preferences > Settings – User へコピーして修正。
  • 以下は、私の Settings – User。

4. パッケージのインストール

  • Cmd + Shift + p で Command Panel を開く
  • Install Package を検索して選択
  • インストールしたいパッケージを検索して選択するとインストールされる

私的必須パッケージ

  • とりあえず下記3つは必須

Terminal

http://wbond.net/sublime_packages/terminal

  • カレントディレクトリをターミナルで開く

FuzzyFileNav

https://github.com/facelessuser/FuzzyFileNav

  • キーボド操作でターミナルライクなファイル操作
  • カレントディレクトリを Finder で開く

Expand Region

https://github.com/aronwoost/sublime-expand-region

  • Expand Selection to Scope の拡張
  • vim でいうテキストオブジェクト的な操作ができる

5. Sublime Text 3 の基本的な使い方

  • メニューバーからメニューは選択しない
  • メニューの実行はショートカットキーまたは Command Panel(Cmd + Shift + p) から
  • Cmd + d(単語を選択)の連打で感動
  • Cmd + ドラッグ(複数カーソル)で感動
  • Option + ドラッグ(矩形選択)で感動
  • Cmd + f(ファイル検索)からの Cmd + Ctrl + g(複数カーソル)で Sublime Text やめられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">